アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山脈稽古場日誌
ブログ紹介
画像
[PC]http://shindaiyamanami.web.fc2.com/
shindaiyamanami@gmail.com
[Twitter]http://twitter.com/shindaiyamanami
zoom RSS

手探り@めろんぱんだ

2018/11/15 21:46

同期のいない稽古場って寂しい(;_;)
久しぶりの稽古場日誌を書くことになりました。めろんぱんだです。

今日は配役が決まってから初めての稽古でした。演出・役者一同輪になって戯曲を最初から最後まで読んでいきました!
まだ全体の雰囲気についても、自分の役についても手探りですが、ここからたくさん練習して詰めていくのが楽しみです。

役者最初なのでさらっと終わりにします。今後の稽古場日誌に期待!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】いよいよ本番@あんこもち

2018/10/27 00:56

ついに本番がやってまいりました。作演をやらせていただいたあんこもちです。
いよいよ本番と意気込む演出です。しかし正直にいいますとここまでくると演出ができることはほとんどありません。後は役者さんたちにお任せです。それが気楽な反面、もどかしくもあります。自分はもうみんなを舞台に送り出すだけです。
自分たちの劇を見てお客さんがどのような感想を持つか。不安ではありますが是非見て欲しいです。
それでは山脈スタジオでお待ちしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】オペのひとりごと@銀嶺照明オペ

2018/10/26 00:29

ど深夜に更新
どーも水縹です。
銀嶺公演で18にまじって照明オペなんてものをさせてもらってます。

今年の夏公演でも照明オペをやらせてもらって、18の子たちがどんな演技をするのかオペ室から見ていました。あれからまだ3ヶ月ほどしかたっていませんが彼・彼女たちの成長具合は素晴らしいです!ものすごく上手になっててオペ室でびっくりしていました。このままいければ本番もおそらく大丈夫でしょう!きっと成功する!!

山脈の舞台少女たちは日々進化中!
ぜひぜひ成長した彼・彼女たちを見に来てください!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】24mの新聞紙@type-サミュエルソン

2018/10/25 11:40

どうも、ゲネ前の通しでふざけすぎて注意され頭突きされ笑われ怒られ、半日ほど反省していたtype-サミュエルソンです。ごめんなさい!
昨日の稽古で公演三日前、これを書いている今日はゲネ当日ということですね。

ここまでやってきて、緊張感ってすごく大事だなって思いました。ただそれは、全員が同じものでなくてはいけない。1人、2人だけが先走って勝手に作った緊張感は、そこについていけてない人にとって何がいけないのか、何をしたらいいのか分からないし、ただ場の空気が悪くなるだけで、そこから進展することはほぼないと気がします。
やること、知らせたいことは全員に伝えて、みんなで共有して同じゴールを目指したい、そう思います。

僕は演劇を始めてまだ日が浅く知識も経験もないですが、初心者の僕なりに演劇で大切にしたいことをタラタラとお話しました。以上。


帰ったら早くあの新聞よも!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】トウダイモトクラシ?@詩想ロワ

2018/10/24 01:19

2週間ぶり?佳境ですね。佳境です。課題と稽古に追われる18小道具の良識こと詩想ロワです。時間ってデフォで足りないですね…語彙力となんとか眼が足りないせいで助演(仮)みたいになってますけど、皆ちゃんと成長してるんだなと感じています。ところで、何度考えても梁が好きなのですが、梁部隊とかありませんかね?梁に登って上から皆を応援する、みたいな。(小道具辞めて梁部隊に入ろうかな)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】フェーダーと仲良くなりたい@Glisseo11

2018/10/22 14:39
画像


昨日は音照通しでした。
初めてのオペなもので、大学入試かってぐらい緊張しました。

四捨五入って便利だと思います。ともすれば永遠に続くかもしれない値に適当な位置でケリをつけて、わかりやすさを生み出せるから。でもどこで四捨五入するかは人によって違う。おかげで四捨五入によってわかりにくさが増すこともあります。自分が伝えたいことを、どこまでピンポイントでどこまで大味で話すかの選択がもっと上手く出来るようになりたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【銀嶺祭公演】ああ通し@重音内山床馬

2018/10/20 12:56

夏公演以来3ヶ月以上ぶりの重音内山床馬です
なんと!3ヶ月以上ぶりだというのに!本番まで残り1週間しかない!
というわけで昨日は通し稽古を行っていました
銀嶺祭公演は自分にとって2つ目の舞台で、まだ経験は浅いながらも、自分のことでいっぱいになるのではなく、全体を見られるようにと思って挑んだものでした。ところが自分のことをやっているうちに気がつくともう残り1週間。もっとできることがあったのではないか。そもそも自分のことすら全然できていないではないか。そんなことを考えています。
でも、最初に比べたら全体的にすごくレベルアップしています。というか、きっと昨日の通しのおかげでみんな色々考えて出来ていること出来ていないことを理解できたと思います。わずかな期間でどこまで行けるかはわかりませんが、きっといまの自分を馬鹿にできるくらいにはみんな成長すると思います。
感情を、表情を、声色を、動きを、全てで途切れない世界を作り出せるように。みんな頑張ろ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山脈稽古場日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる